家賃は、基本的に部屋の広さによって決まります。比較する物件が同じ2帖DKでも、62室にDK8帖とDK6帖では総面積が大きく違います。これを単純に高い安いと比較できません。家賃(管理費等も含めた金額)を面積で割りu当たりの単価として計算すると比較しやすいと思います。ただ、設備等の違いもありますからそれだけで判断せず、他の要素も加味して検討すると良いでしょう。


お部屋探しをするときに、いまや強い味方のインターネットですが不動産物件検索サイトで探す場合、業者によって掲載数がずいぶんと違います。多いからといって良い不動産会社とは限りません。実際に問合わせをしてみると、いろいろな理由をつけて断り、他の物件を勧めるケースもあります。多数掲載することで問い合わせの確率を上げているだけだったりするのです。すべてがそうではありませんが、問合わせの段階では1社に絞らない方が良いでしょう。

問合わせのあと、エリアが絞れたらその現地へ訪れて店頭の情報を見たり、街中を歩いてみたりすると、客観的にその街の雰囲気や様子を知ることができて、その後の物件選びや内見の時に非常に参考になるでしょう。周辺にどんなお店があるのか、平日と休日の人の流れ、昼間と夜の変化など後になって「あれ?あの時とは違うぞ」という事態を避けられます。また、場合によっては入居者募集の看板のある建物をチェックすることで意外な掘り出し物件が見つかる場合もあります。

(C)Copyright 2004 tokiwa All rights reserved.